インタビュー

5年後、収穫の人手不足で農業が儲からなくなる

農業所得を向上する農家の儲かる勉強会私達AGRISTは、地元新富町の農家の皆様の勉強会「儲かる農業研究会」に協力しています。「農家として継続していくには、まず収益の向上をはならなければならない」という考えのもと、いろんな知見や技術、運営方法を話し合ってきました。そ

2021年 インタビュー

出資を決めた理由は現場主義のロボット開発−株主インタビュー:株式会社ドーガン・ベータ様

株式会社ドーガン・ベータ『金融の地産地消』を目指すベンチャーファンドを複数本運営。「IPO を必須としない」という前提のもと、長期・少額投資スキームを組むことで、志の高い新規スタートアップ/ベンチャー支援を行い、九州のベンチャー・エコシステムを育成することを目指している。また

2021年 インタビュー 年代

AGRISTの強みは「農場の隣で開発」というストーリー/株主インタビュー:ジャフコ グループ株式会社九州支社 山形様

・山形 修功 氏:ジャフコ グループ株式会社 九州支社長1992年日本合同ファイナンス㈱(現ジャフコ グループ㈱)入社。国内(大阪・東京)ベンチャー・中堅企業への投資・上場支援、米国ベンチャー企業の国内事業開発支援、イスラエル、アジア企業への投資(フィリピン・シンガポール駐在

キャリア

ロボットベンチャーってどんな会社?

ロボットを扱う仕事に就きたいという方に、ぜひ知っておいていただきたいのが、ロボットを扱うベンチャー企業です。ただ、どんな仕事をしているか、どんな会社があるのか分かりにくいかもしれません。この記事では、ロボットベンチャーがどんな仕事をしているのか、ロボットベンチャーのメリットデメ

ロボットテック

ロボット機構の知識はどう生きる⁉社会での役立ち方を紹介

人々の生活を支えてくれるロボット。近年ロボットに関する技術は益々の飛躍を遂げ、ロボットは様々な場所で日常的に活躍するようになってきました。そんなロボットを形作っているのが機構です。ロボットの機構は多種多様で、ロボットがどのような目的で使用されるかによって大きく形を変えます。新たな

ロボットテック

ロボットのマニピュレータで人の作業は変わる⁉

人々の労働を手伝うロボットは、工場に始まり、農家や家庭にまで活躍の場を広げています。中でも産業用ロボットは労働の効率を高めてくれるパートナーとして、様々な場で活躍しています。そんな産業用ロボットの活躍を支えているロボットの部品の一つが、マニピュレータです。ロボットはそれぞれの活躍

ロボットテック

ロボットの関節、アクチュエータで産業が変わる!

ロボットは、年々活躍の場を広げ、人々の生活を支える存在としての地位を確立させています。そんなロボットは様々な機構からできていますが、その中のひとつアクチュエータは、エネルギーを機械的な動きに変換する役割を持ち、ロボットの関節として広く活用されています。AGRISTでは、アクチュ

ロボットテック

業務負担削減!人工知能を導入したロボットのメリットと具体的な活用例

人とコミュニケーションをとれるAIペットや、人を軽々と抱きかかえる介護ロボットなど、人工知能を搭載したロボットは、私たちの身近な存在となってきました。しかし、具体的に人工知能搭載ロボットに何ができるのか、導入することでどんなメリットがあるのか悩まれている方もいるでしょう。そこ

ロボットテック

ロボット設計技術者へステップアップ!仕事内容と向いている人の素質

介護用ロボットや農業用ロボットの活躍をニュースで目にすることが増えてきました。近年、大手企業がロボットフレンドリーな環境のための研究開発がスタートするなど、産業分野におけるロボット導入の動きが加速しています。そのため、ロボットの設計・開発を行えるエンジニアの需要が高まっています。

ロボットテック

ロボットによる自動化とは? 定型的な作業からヒトを解放して農業課題を解決

農業に限らず、あらゆる産業で人手不足が叫ばれています。特に日本は人口減少が加速化していることもあり人手不足は深刻です。企業ではルーチンワークを行う人員の確保が難しく、定型的作業によって通常業務の負担が増し、労働環境の悪化が進んでいます。労働環境を改善するために定型的な作業を自動

ロボットテック

ロボットを動かす部品とは?主な種類についてもご紹介

ロボットを動かす上で、重要かつ必要不可欠な部品も、技術の進化やニーズの変化などを受けて、高度な技術開発を求められています。この記事では、ロボットを動かす部品やロボットの型式、最新事情をご紹介します。ロボットを動かすにはどんな部品が必要?ロボットに搭載される部品には光学