AI農業ロボット開発のAGRIST株式会社

SCROLL
ROBOT

ロボット開発

ロボットに関する
よくあるお問い合わせ
Q: 操作は難しいの?
A:

基本的には自動収穫ボタンを押していただくだけで、ロボットは自動で動き出し収穫を開始します。
任意の場所から収穫をスタートさせたい場合は手動でも動かすことは可能です。

Q: 農作物の認識はどうやってるの?
A:

ロボットに搭載されたカメラによって果実を認識しております。

Q: 畝間の移動は可能ですか?
A:

現状は畝間の移動は手作業になります。ただし、ロボットに回転機構を搭載しておりますので、反対側の畝の収穫は可能です。
今後は畝間の移動も手放しで行える機構を搭載予定です。

Q: 収穫したピーマンはどこに?
A:

収穫後はロボット内に配置した収穫ボックスに格納します。収穫ボックスが満タンになったら、自動的にロボットが検知し、畝端にあるコンテナに放出しに行きます。

Q: ロボットの販売は開始していますか?いつから生産開始予定ですか?
A:

予約販売は開始しております。2022年9月から順次生産していく予定です。
ご購入検討されている方はまずメールフォームよりお問合せください。

Q: ピーマンの下の部分は取れない?
A:

地面から100㎝以上160㎝以下の範囲が収穫できます。100㎝より下のピーマンは人の手で収穫していただく事になります。収穫のできる範囲は、今後の機能改善で拡大していきます。

Q: このロボットでどのくらい収穫できるの?
A:

農家さんの年間収穫量の20%程度をサポートするロボットを目指しています。例えば、1反あたり13トン収穫できる農家さんであれば、20%アップの16トン程度にするロボットを目標としています。

Q: ロボットの導入のメリットは?
A:

ロボットがピーマンを収穫することにより、ピーマンの収穫適期を逃してしまう率を下げ、収穫量を増やします。また、適期でピーマンを収穫を多くすることにより、他の収穫適期前の実に適切に栄養を行き渡らせることできます。結果、全体の収穫量を上げる効果が見込めます。

ロボットについて問い合わせる

収穫の人手不足
困っていませんか?

私たちは、
これまでの価値観や考え方にはまらない
創造性をもって開発に取り組んでいます。

従来の大型で多機能なロボットに対して、
安価でシンプルなロボット
コンセプトに開発をしております。

新しい機能を追加するのではなく、
むしろ機能をシンプルにして、
その性能を高めることで、
世界に通用する農業ロボットへと進化しています。

導入メリット

人手不足
解消
農家の慢性的な労働力不足や、深刻化する農地あまりに対応。パートを雇用してもベテランになるまでに長期間を要するが、収穫ロボットは導入時から高いパフォーマンスでのフル稼働が可能。
人手不足解消
人件費の
圧縮
収穫ロボットには、初期導入費用やロボットが収穫した作物の出荷額にに対する10%のランニングコストは生じるが、パートの人件費負担を考慮すれば、ロボット導入後の農家の収益性が改善される。
ロボット
環境制御の
向上による収穫量改善
収穫ロボットのハウス内巡回機能で病気の早期発見が可能となり、同農地面積での収量が増加。
収穫量改善

AGRISTだけが
実現できるもの

地面がぬかるんでいても、
障害物があっても大丈夫
ハウス内に設置したワイヤー上を移動します。地面にレールを引く必要がなく、初期工事の簡素化ができます。さらに、ぬかるみや落ち葉などの障害物でロボットが動かなくなるといった問題も解消しています。
ロボットが収穫したものを
人の手を介入させず
そのまま出荷
従来の農場で収穫後におこなっていた余分な茎を切り取る作業を含めて、自動で収穫作業を行えます。

仕様

野菜品目 ピーマン・キュウリ等、果菜類
導入費 1,500,000円(予定)
手数料 ロボット収穫分の売上10%
収穫速度 2pcs/min ※1
区画移動 吊り下げ式(国際特許申請中)
画像認識 果実
収穫ハンド 2度切り(特許取得済:特願2021-509934)
サイズ 縦:70cm/横:25cm/高さ:100cm(予定)
重さ 16kg(予定)
電源 バッテリー式(4時間連続稼働)
環境 ビニールハウス(露地栽培不可)

※1 理想環境下において

農業ロボット通信

下の画像をクリックすると、PDFが開きダウンロード出来ます。

  • 農業ロボット通信
  • 農業ロボット通信
  • 農業ロボット通信