AI農業のAGRIST株式会社

SCROLL
CONTACT

お問い合わせ

一般的なお問い合わせ

Q: これからの農家はどのように稼いで行くのが良いと思いますか?
A:

農業から農業をビジネスとして捉える人が増えています。
農家は培った技術を知的財産としてしてライセンス販売していく事が新しい収益源になります。
DX化して、沢山の人に広めて、一般化して使えるようにする。 オランダは農業をやってく過程の中で、電球を知財化して販売したりしています。
アグリストは、ピーマンからきゅうり、トマトに市場を広げて、収穫ハンドをライセンシングしていく予定です。
例えばハンドをドローンにつけて露地栽培していく。加えてENEOSと脱炭素エネルギービジネスとして、パッケージで営農型太陽発電ビニールハウスを売っていく事を考えています。

Q: 農業のコスト構造についてどう考えますか?
A:

現在は、農家の仕事が土作りから販売まで多岐にわたって広がっています。
ロボットが入ることによって水やり、収穫などパーツごとに切り取って、この垂直統合の構造の分離が可能です。
そして、農家は付加価値が高いところに集約して価値を高めていくことができます。
例えば、キャベツやいちごは梱包費が高いので、その部分を自動化するだけでも、農業のコスト構造の改革は進化します。
この点においては、当社の自動収穫ロボットで収穫のコストを削減し収益アップ20%をロボットが担えることができれば、総合的に梱包費の削減にもつながります。
現代では、顧客のニーズ多様化してきており大量生産大量消費ではないです。

Q: AGRISTは将来はどのようなビジネスを展開していきますか?
A:

農業においてバリューチェーンにおいて上流から下流まで管理することは重要だと思っています。
そうすることで労働集約型から開放されて、DXが実行されるのではないかと思っています。
農業は機械化100%が重要ではなく、アメリカの農業経済学でノーベル賞をとったセオドア・シュルツのデータではアメリカ大規模農業で機械化をすすめ人口を減らすと生産高が下がるということも示しています。
人間がやるべきこととロボットがやるべきところをわけるのが大事という点からAGRISTは収穫に注力していきます。

すべてのQ&Aを見る

採用に関するお問い合わせ

Q: AGRISTに入社するロボットエンジニアに行う教育制度について教えて下さい。
A:

AGRISTに入ってくるエンジニアは経験豊富な人が多いですが、同時に高専からのインターンシップも受けています。
実際に高専を卒業して入った創業メンバーもいます。
プロジェクトマネージャーが個々のスキルや経験に応じて分担して作業を割り振ります。
トレーニング期間を設けているので、最初から難しいことはないです。
例えば最近大手企業から入ってきたエンジニアですが、その方はロボットの製作経験がなかったのでロボットを触るところから入り、少しずつ学んでもらっています。

Q: 今の時代、AIを扱うエンジニアや企業にはどのようなことが求められていると感じますか?
A:

「創造性」です。
今はほとんどのことがAIで検索できるし、Googleの中にもAIがあって最適化された情報が手に入るようになっている。
そんな時に「AIができない創造性、偶発性」を人間が考えることこそが一番重要なことです。
誰も思いつかなかったアイデアを試してみる、それをやってみようという ”YES WE CAN”の精神ですね。
固定概念、既成にとらわれない視点がますます必要になってくるでしょう。

Q: AGRISTでロボットエンジニアとして働くことは、どんな強みがありますか?
A:

1番の大きな違いは、委託を受けず自社製品を作っていることです。自社で0から製品を開発しています。
また農場の隣に開発ラボを持ち、農家と一緒に開発していることと、実際に自分たちの作ったロボットが農業課題の解決に貢献できていることも大きな特色です。
社会にインパクトを残せる、ロボットエンジニアとしては非常に夢のある仕事だと思います。

すべてのQ&Aを見る
お問合せフォーム

製品に関するお問い合わせ

Q: ピーマン収穫ロボットについて教えてください
A:

視察を希望の方は必ずロボットのスペックや導入ハウスの詳細をご確認のうえ、お申込みください。

  • ロボットのスペックや導入ハウスについての詳細はこちらをご覧ください。
  • 視察をご希望の方はこちらをご覧ください。
  • 製品ページはこちらをご覧ください。
Q: キュウリ収穫ロボットについて教えてください
A:

視察を希望の方は必ずロボットのスペックや導入ハウスの詳細をご確認のうえ、お申込みください。

  • ロボットのスペックや導入ハウスについての詳細はこちらをご覧ください。
  • 視察をご希望の方はこちらをご覧ください。
  • 製品ページはこちらをご覧ください。
Q: 操作は難しいの?
A:

基本的には自動収穫ボタンを押していただくだけで、ロボットは自動で動き出し収穫を開始します。
任意の場所から収穫をスタートさせたい場合は手動でも動かすことは可能です。

すべてのQ&Aを見る
お問合せフォーム

取材・視察等に関するお問い合わせ

Q: ピーマン収穫ロボットについて教えてください
A:

視察を希望の方は必ずロボットのスペックや導入ハウスの詳細をご確認のうえ、お申込みください。

  • ロボットのスペックや導入ハウスについての詳細はこちらをご覧ください。
  • 視察をご希望の方はこちらをご覧ください。
  • 製品ページはこちらをご覧ください。
Q: キュウリ収穫ロボットについて教えてください
A:

視察を希望の方は必ずロボットのスペックや導入ハウスの詳細をご確認のうえ、お申込みください。

  • ロボットのスペックや導入ハウスについての詳細はこちらをご覧ください。
  • 視察をご希望の方はこちらをご覧ください。
  • 製品ページはこちらをご覧ください。
Q: ピーマンロボット視察について@宮崎本社or鹿児島
A:

 農業課題をテクノロジーで解決する先進的な取り組みに対し、県内外多くの皆様に弊社の活動をご注目頂いており、視察件数が増加しております。今後、アグリストでは「視察受け入れの日程制限」、「視察受け入れの有料化」を行っております。ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

有償視察の内容

金額22,000円(税込/4名まで)
※5名以上の場合は1人当り5,500円(税込)追加(2023年12月更新)
受入れ日時第2水曜日13:00-17:00 @鹿児島県東串良町
※調整中、レール走行式ロボット、最新型ハウス
第3金曜日10:00‐17:00 @宮崎県本社
※吊り下げ式ロボット

※合同視察の可能性有り
※前月末までに申し込み(3月分は2/29,17:00迄)
※月によっては日程調整の可能性有
視察時間約1時間~1時間半
内容事業説明、質疑応答、ロボットデモ
事前必要情報希望視察日程、時間、来社人数、視察目的・背景
※3/13@東串良町、3/15@新富、4/10@東串良町、4/19@新富

視察の申し込みについては コンタクトフォーム よりお問い合わせください。

夏場は暑くなることが予想されます。動きやすい服装でお越しくださいませ。

視察の流れについて

1視察申し込みの場合

(1)視察をご希望の団体は事前にコンタクトフォームよりお申し込みいただき視察日を決定してください。受入れ調整のため、視察受入確定まで少々お時間をいただいておりますので前月末までにご連絡ください。

(2)視察申し込みはメールでやりとりを行います。申込時に必要な情報をお知らせください。

(3)弊社より視察受け入れ決定通知をメールにて行います。

(4)当日の視察

視察対象場所までお越しくださいませ。

 ■新富町本社 〒889-1412 宮崎県児湯郡新富町富田東1-47-1 (新富アグリバレー)

 ■アグリストファーム 〒893-1613 鹿児島県東串良町川西1953−2

※その他指定の視察会場がございましたらそちらへ直接お越しください。

※駐車場あり

(5)視察後、後日メールにて請求書を送付しますので、振り込みにてお支払いをお願いいたします。

その他

資料のみの送付は現在受け付けておりません。

作付の関係上、圃場内デモのご案内が難しい場合がございます。

指定日以外の受入れは行っておりません。

オンライン(Googlemeet)で30分のご説明も可能です。お気軽にご連絡くださいませ。

※圃場視察案内 昨年度 2022年10月~2023年5月期間

お問合せフォーム