キャリア

ロボットエンジニアは業界高水準の年収を実現可能!

ロボットを開発して社会の進歩に貢献したいと考えているエンジニアは多くいます。しかしながら、やりがいだけで生きていくことはできません。実際の収入はどの程度なのか不安で、ロボットエンジニアへの一歩を踏み出せない方も多いのが現状です。しかし現在、ロボットエンジニアとして将来を見据えて

キャリア

ロボットエンジニアになるためには?押さえておきたい3つのこと

産業用や医療用、災害用など人々の生活を守り豊かにするロボットの開発が進んでいる昨今。社会の新しい在り方に貢献するロボットを開発するエンジニアの存在は、今非常に重要視されているため、この道を目指したい方も多いでしょう。しかし、ロボットの開発者になるために必要な要素や、知っておくべき

スマート農業

スマート農業におけるロボットの導入事例|背景や解決すべき課題も紹介

スマート農業はロボットやAI、IoTなどの先端技術を活用した農業です。農業にアナログ的なイメージを持つ人も多く見られますが、今後は農業にもロボットが大いに活躍する必要があります。この記事では、スマート農業にロボットが求められる背景やスマート農業におけるロボット技術の開発課題、具体

スマート農業

農業システムとは? 農作業を可視化して生産性を向上させるための技術も紹介

農業はヒトがもっとも古くに手にした産業といわれています。最古の農業とされる2万年前から「植物のタネを植えて育てて収穫する」という根幹の農業システムは変わっておらず、農業従事者が代々受け継ぐ経験や勘で得たスキルやノウハウに支えられてきました。しかし、農業は恒常的な人材不足・高齢化

スマート農業

良いことずくめのスマート農業に潜むデメリットとは? 導入するためのポイントも紹介

ヒトが生きていくうえで欠かす事のできない農作物。その農作物を生産する農業は、農業従事者の高齢化・後継者不足・自給率の低下など頭の痛い問題を数多く抱えています。ICT・ロボティクス・AI・センシング技術などのテクノロジーを駆使することで、農業のあり方を変革するスマート農業は農業の課

スマート農業

農業の未来が変わるスマート農業とは? 導入事例やメリット・デメリットも紹介

ロボット技術や人工知能・ICT・センシング技術・画像解析技術などを複合的に用いて、効率的で生産的な農業を目指すスマート農業とはどのようなものでしょうか。スマート農業を導入することで、農業はどのように変わるのか、スマート農業が目的とする意図や、必要となってくる技術などを解説します。

スマート農業

農業にAIを導入することで生まれる価値とは? メリットとデメリットも紹介

人工知能=AIという言葉がかなり一般的になってきました。お掃除ロボットやスマートスピーカー、スマホの音声認識など、日常生活の中のさまざまなシチュエーションで導入されており、ヒトの力だけでは難しかった課題を次々と解決しています。このAIを農業に導入する価値はどのようなところにあるの

2021年 プレスリリース

アグリテックのピッチコンテストで最優秀賞にあたる日経アワードを受賞 農業ロボット開発のアグリスト

日本経済新聞社が主催する農業とテクノロジーの融合をテーマにした「AG/SUM(アグサム)アグリテック・サミット2021」で、スタートアップが事業モデルを競うピッチコンテストが開催され、農作物の自動収穫ロボットを手掛けるAGRIST(アグリスト、宮崎県新富町)が最優秀賞にあたる日経

2021年 受賞歴

農業ロボット開発のAGRISTが「始動 Next Innovator 2020(グローバル起業家等育成プログラム)」のシリコンバレー・プログラム選抜メンバーに選出

AGRIST株式会社は、経済産業省・日本貿易振興機構(JETRO)が主催する「始動 Next Innovator 2020(グローバル起業家等育成プログラム)」の米国シリコンバレー・プログラム選抜メンバーに選出されたことをお知らせします。AGRISTは今後、米国、中国、イ

2021年 受賞歴

農業ロボット開発のAGRISTが「日経ソーシャルビジネスコンテスト」で優秀賞を受賞。100名のロボットエンジニアを新規採用へ

AGRIST株式会社(本社:宮崎県児湯郡新富町、代表取締役:齋藤潤一、以下 アグリスト)の展開するアイデア・ビジネスモデルが評価され、2021年3月6日(土)に開催された日経ソーシャルビジネスコンテストにおいて、優秀賞を受賞しました。コンテスト概要「日

2021年 インタビュー

出資を決めた理由は情熱-株主インタビュー:宮崎太陽キャピタル様

宮崎太陽キャピタルについて第2地方銀行である宮崎太陽銀行の現頭取の林田氏が1996年に設立。第2地方銀行系のベンチャーキャピタル(VC)としては、全国的にも古い歴史をもつ。2014年、6億円規模のみやざき未来応援ファンド(1号)を創設。2018年、同2号ファンドを創設。宮崎太陽