AI農業のAGRIST株式会社

SCROLL

ピーマン自動収穫ロボットの普及に向けて東串良町との包括連携協定を締結

2022年02月10日 プレスリリース

ピーマン自動収穫ロボットの普及に向けて東串良町との包括連携協定を締結

AGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町 代表取締役:齋藤潤一、以下 アグリスト)は2021年12月27日(月)に鹿児島県東串良町とピーマン自動収穫ロボットの普及に向けた包括連携協定を締結致しました。

アグリストが自治体と包括連携協定を締結するのは初めてのケースとなります。

東串良町は鹿児島県におけるピーマンの一大産地ですが、農業の高齢化や人口減少を背景とした担い手不足が大きな地域課題となっており、アグリストが開発するピーマン自動収穫ロボット『L』によるこれらの課題解決が期待されています。

今後、東串良町のみならず全国に同製品の社会実装を加速していくにあたり、自治体と連携したスマート農業のモデルケースを構築することを目的として、鹿児島県におけるピーマンの一大産地である東串良町との包括連携協定を締結することになりました。

今回の協定における具体的内容として、下記の活動を行う予定です。

  1. アグリストの子会社である農業法人AGRIST FARM株式会社(以下アグリストファーム)による東串良町でのピーマン自動収穫ロボットを活用した再現性・収益性の高い農業の実践
  2. 地域に応じた自動収穫ロボットに最適化された栽培方法の普及
  3. 東串良町周辺の各農業関係者と連携したスマート農業人材の育成活動

これらの活動により、既存のピーマン農家の後継者不足の解消や収量・収入の向上に加え、U・Iターンによる新規就農者・雇用の増加、若者の地元への定着に繋がることが期待されます。
アグリストは今後も同様の取り組みを増やすことで、持続可能な農業の実現に向けた取り組みを進めて参ります。

アグリストの目指す「100年先も続く持続可能な農業の実現」に共感頂ける自治体・地域の皆様からのお問い合わせをお待ちしております。
(自治体・地域の皆様からのお問い合わせ:https://agrist.com/contact/contact03

【AGRIST株式会社について】

アグリストはテクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業です。2017年から宮崎県新富町の農家らと開催している「儲かる農業研究会」で自動収穫ロボット開発の要望を受け、2019年に設立されました。
農業の収穫の労働力不足を解決する自動収穫ロボットを、地元農家と一緒に開発をしています。

採用


採用を強化しております。詳しくは採用ページをご覧ください。

関連記事

  • JA全農ぐんまとスマート農業を推進。AIを活用したキュウリ収穫ロボットを導入 2024年07月05日 | プレスリリース
  • AI農業のAGRISTが次世代スマート農業パッケージを公民連携で推進することを目的にしたシリーズBラウンド資金調達を実施 2024年07月01日 | プレスリリース
  • 新たに2台、埼玉県の農業生産法人へキュウリ自動収穫ロボットを導入 2024年04月16日 | プレスリリース
  • 「未来を創る!フードテックビジネスプランコンテスト」でAI農業プラットフォーム”AGRIST AI”を搭載したSustagram Farm(サスタグラムファーム)がビジネス部門優秀賞受賞 2024年02月27日 | プレスリリース
  • 九州最大百貨店のデパ地下でAGRIST FARMでICT管理栽培のフルーツパプリカを販売中 2024年02月19日 | コラム
  • 福岡で12年間続けたイチゴ農家から鹿児島移住へ、新規就農の決め手となったICT化の可能性とは 2024年01月31日 | インタビュー