AI農業ロボット開発のAGRIST株式会社

SCROLL

これからの農家はどのように稼いで行くのが良いと思いますか?

2021年10月29日 一般的な問い合わせ

農業から農業をビジネスとして捉える人が増えています。
農家は培った技術を知的財産としてしてライセンス販売していく事が新しい収益源になります。
DX化して、沢山の人に広めて、一般化して使えるようにする。 オランダは農業をやってく過程の中で、電球を知財化して販売したりしています。
アグリストは、ピーマンからきゅうり、トマトに市場を広げて、収穫ハンドをライセンシングしていく予定です。
例えばハンドをドローンにつけて露地栽培していく。加えてENEOSと脱炭素エネルギービジネスとして、パッケージで営農型太陽発電ビニールハウスを売っていく事を考えています。

関連記事

  • これからの農家はどのように稼いで行くのが良いと思いますか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ
  • 農業のコスト構造についてどう考えますか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ
  • AGRISTは将来はどのようなビジネスを展開していきますか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ
  • 将来的に農業以外の分野への進出は考えていますか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ
  • 新富町以外の地域に自社のロボットを普及させたいとお考えでしょうか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ