AI農業ロボット開発のAGRIST株式会社

SCROLL

農業のコスト構造についてどう考えますか?

2021年10月29日 一般的な問い合わせ

現在は、農家の仕事が土作りから販売まで多岐にわたって広がっています。
ロボットが入ることによって水やり、収穫などパーツごとに切り取って、この垂直統合の構造の分離が可能です。
そして、農家は付加価値が高いところに集約して価値を高めていくことができます。
例えば、キャベツやいちごは梱包費が高いので、その部分を自動化するだけでも、農業のコスト構造の改革は進化します。
この点においては、当社の自動収穫ロボットで収穫のコストを削減し収益アップ20%をロボットが担えることができれば、総合的に梱包費の削減にもつながります。
現代では、顧客のニーズ多様化してきており大量生産大量消費ではないです。

関連記事

  • これからの農家はどのように稼いで行くのが良いと思いますか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ
  • 農業のコスト構造についてどう考えますか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ
  • AGRISTは将来はどのようなビジネスを展開していきますか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ
  • 将来的に農業以外の分野への進出は考えていますか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ
  • 新富町以外の地域に自社のロボットを普及させたいとお考えでしょうか? 2021年10月29日 | 一般的な問い合わせ