AI農業のAGRIST株式会社

SCROLL

【メディア掲載】シェアシマinfo

2024年03月28日 メディア掲載

【メディア掲載】シェアシマinfo

ハウスの可視化を加速する Sustagram Farmが紹介されました

フードテック官民協議会が主催した「未来を創る!フードテックビジネスプランコンテスト」のビジネス部門で優秀賞を受賞したAGRISTの「Sustagram Farm」が、シェアシマinfoに掲載されました。Sustagram Farmとは、自動収穫ロボットを軸にテクノロジーを活用して農業の生産性を向上し、収益性、再現性の高い農業を実現するために最適化されたビニールハウスです。

SustagramFarm

  • 収穫の人手不足を解消する自動収穫ロボット
  • スマート農業に最適化されたビニールハウス
  • 病害虫の発生リスクが低い栽培技術
  • 再現性の高い農業をアシストするデータ

▼掲載記事はこちら

▼参考プレス

「未来を創る!フードテックビジネスプランコンテスト」でAI農業プラットフォーム”AGRIST AI”を搭載したSustagram Farm(サスタグラムファーム)がビジネス部門優秀賞受賞

シェアシマinfoとは

食品開発者のための専門メディアです。業界情報や製品・サービス紹介などの食にまつわる情報をお届けします。

▼URL:https://shareshima.com/info

フードテック官民協議会とは

産学官の多数のステークホルダーの参画を得て2020年10月に設立。

フードテック官民協議会は、食・農林水産業の発展と食料安全保障の強化に資する資源循環型の食料供給システムの構築や高い食のQOLを実現する新興技術の国内の技術基盤の確保に向けて、協調領域の課題解決の促進や新市場の開拓を後押しする官民連携の取組を推進することを目的としています。

▼URL:https://foodtech-lab.jp/

事業拡大に伴い積極採用中

AGRISTでは事業拡大に伴い、AI農業プラットフォーム「AGRIST AI」の構築を行うエンジニア、ロボット開発エンジニア、次世代農場の栽培および農業技術の研究開発を行う農場スタッフの採用を強化しています。
【募集職種】
ロボット開発エンジニア
・Webアプリエンジニア
・Iotエンジニア
・データサイエンティスト
・スマホアプリエンジニア
・ハードウェアエンジニア
※勤務地は茨城県つくば市のつくばオフィス。一部リモートワークも相談可能です。

農場管理
・栽培技術研究者(農学博士号保有者など植物生理に知見を持つ方)
・栽培管理者
・設備管理者
・農作物販売、販路拡大

ご興味のある方は下記よりお問い合わせください(https://agrist.com/recruit

採用


採用を強化しております。詳しくは採用ページをご覧ください。

関連記事

  • 【メディア掲載】農林水産省「令和5年度 食料・農業・農村白書」 2024年05月31日 | メディア掲載
  • 【メディア掲載】ひなた宮崎経済新聞 2024年03月29日 | メディア掲載
  • 【メディア掲載】シェアシマinfo 2024年03月28日 | メディア掲載
  • 河野宮崎県知事がピーマン収穫ロボット稼働試験を視察 2024年03月26日 | メディア掲載
  • 【メディア掲載】UMKテレビ宮崎「みやざきゲンキTV」に出演 2024年02月12日 | メディア掲載
  • 【メディア掲載】高鍋信用金庫「たかしん、はっしん‼」プロジェクト 2024年02月06日 | メディア掲載