AI農業のAGRIST株式会社

SCROLL

社会的インパクト創出の北海道カンファレンス「ファームノートサミット2023」へ登壇

2023年10月24日 プレスリリース

社会的インパクト創出の北海道カンファレンス「ファームノートサミット2023」へ登壇

一次産業の持続可能な地球の豊かさをカンファレンスで議論

 野菜自動収穫ロボットやソフトウエア等のテクノロジーで農業課題を解決する、AGRIST株式会社(本社:宮崎県新富町、代表取締役CEO 齋藤 潤一、CTO 秦 裕貴、以下、「AGRIST」)は、北海道のロイトン札幌 で2023年12月6日(水)にSTARTUP HOKKAIDOと株式会社ファームノートホールディングスが共催で開催する「ファームノートサミット2023」に登壇します。ファームノートサミットは参加者全員の真剣な議論から知恵を出し合うことで社会的インパクトの創出を⽬指してきました。ファームノートはグループビジョンとして『「生きる」を、つなぐ。』を掲げ、技術革新を通じて持続可能な地球の豊かさに貢献しています。

Farmnote Summit2023とは

 今回のテーマは「課題先進地・北海道から地球のサステナビリティを考える」です。北海道の基幹産業である⼀次産業や地域の持続性と密接な関係を持つ「⾷糧⽣産・地域振興・環境・エネルギー・テクノロジー・サイエンス・スタートアップ・宇宙」などのアジェンダを⽤意し、各分野で活躍する総勢約100名のプレゼンターが集結します。プレゼンターを含む参加者1000人全員が「北海道、地球が持つ課題に対して何ができるか」を全⼒で考え、参加者同⼠の知恵を学び合い、つながりから新たな可能性が⽣まれ「共創・挑戦」につながる場としたいと考えています。2014年から今回で11回⽬の開催、のべ約3,500名の⽅々にご参加いただいてきました。

▼イベント詳細はこちら

https://farmnote-hd.com/summit2023/

 今回から、より深い議論となるよう新たな取組みを取り入れます。サミットの企画・運営のアドバイザリーとして、様々な業界のフロントランナーが携わります。AGRISTの齋藤や複数名のアドバイザリーとともに、課題先進地・北海道を題材にしながら、地球全体の持続可能性・未来を見据えた議論ができるようにテーマづくりをしています。当日の参加者1,000人を見込み、様々な角度から社会課題をとらえ、日本の未来のあるべき姿を描いて参ります。10/31(火)までは早割価格40,000円(税込)にてお申し込みいただけます。当日会場にてお目にかかれますことを楽しみにしています。

■プログラム

※プログラムは一部です。最大25セッション開催予定です。

※内容は確定ではございません。

※最新情報はこちらからご確認下さい。https://farmnote-hd.com/summit2023/

■アドバイザリーメンバー

■アドバイザリー 一覧(敬称略、五十音順)

井上浄  株式会社リバネス 代表取締役社長CCO
岩佐大輝 株式会社GRA 代表取締役CEO
齋藤潤一 AGRIST株式会社 代表取締役CEO
佐々木智也 株式会社D2Garage 代表取締役
富山浩樹 サツドラホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO
前田章博 ビットスター株式会社 代表取締役社長

■登壇者一覧(敬称略、五十音順)

青木康明 株式会社APRグループ 代表取締役
浅井雄一郎 株式会社浅井農園 代表取締役
池田憲士郎  株式会社VOREAS 代表取締役社長
石井貴基 千葉道場株式会社  取締役
井手直行 株式会社ヤッホーブルーイング 代表取締役社長
稲川貴大 インターステラテクノロジーズ株式会社 代表取締役
井上浄 株式会社リバネス 代表取締役社長CCO
入澤拓也 エコモット株式会社 代表取締役
岩佐大輝 株式会社GRA 代表取締役CEO
上原郁磨 リデン株式会社 代表取締役社長
ウォン・ライヨン 日東電工株式会社 社外取締役/First Penguin Sdn. Bhd.代表取締役
海野慧 Sustainable Food Asia株式会社 代表取締役社長
榎戸康二 創援株式会社 代表取締役
大坪友樹 株式会社ラフダイニング 代表取締役
大前創希 DRONE FUND 共同代表
折笠健 株式会社折笠農場 代表取締役
加藤容崇 日本サウナ学会 代表理事
川口谷仁 株式会社Kalm角山 代表取締役兼CEO
河邑 亮太 株式会社アダコテック 代表取締役
光村圭一郎 三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部 統括
後藤陽介 十勝サウナ協議会 会長
小橋正次郎 KOBASHI HOLDINGS株式会社 代表取締役社長
小林晋也 株式会社ファームノートホールディングス 代表取締役
齊藤啓輔 北海道余市町長
齋藤 潤一 AGRIST株式会社 代表取締役CEO
佐々木大輔 有限会社希望農場 代表取締役
佐々木智也 株式会社D2Garage 代表取締役
下苧坪之典 株式会社北三陸ファクトリー 代表取締役CEO
杉田浩章 ボストンコンサルティンググループ シニア・アドバイザー/早稲田大学ビジネススクール 教授
杉山雅則 株式会社満寿屋商店 代表取締役社長
鈴木健吾 株式会社ユーグレナ 執行役員CTO
鈴木慎也 株式会社esエンターテイメント 代表取締役
平勇人 株式会社ファームノートデーリィプラットフォーム 取締役
千葉 功太郎 千葉道場株式会社 代表パートナー
塚原敏夫 上川大雪酒造株式会社 代表取締役社長
田路圭輔 株式会社エアロネクスト 代表取締役
内藤祥平 株式会社日本農業 代表取締役
仲澤輝宏 株式会社セールスフォース・ドットコム 常務執行役員
中西拓郎 一般社団法人 ドット道東 代表理事
中原拓 メタジェンセラピューティクス株式会社 CEO
中村仁 株式会社トレタ 代表取締役CEO
西山すの 株式会社komham 代表取締役
橋本舜 ベースフード株式会社 代表取締役
濱田安之  株式会社 農業情報設計社 CEO
林克彦 株式会社勝毎ホールディングス 取締役社長
菱木豊 inaho株式会社 代表取締役
平石郁生 株式会社ドリームビジョン 代表取締役社長
福田真嗣 株式会社メタジェン 代表取締役社長CEO
藤堂高明 cars 株式会社 代表取締役社長
富山浩樹 サツドラホールディングス株式会社 代表取締役社長 CEO
法田貴之 株式会社enBright 代表取締役社長
細田薫 セルソース株式会社 執行役員 経営企画本部長
前田章博 ビットスター株式会社 代表取締役社長
松尾大 ととのえ親方 プロサウナー
村岡浩司 株式会社 一平ホールディングス 代表取締役社長
茂木修 キッコーマン株式会社 代表取締役専務執行役員
諸藤貴志 株式会社アグリメディア 代表取締役
山澤修平 一般社団法人レストランテック協会  代表理事

そのほかの登壇者につきましてはイベントサイトにて公開予定です。

■カンファレンス概要

日時:2023年12月6日(水)9:00~19:00予定(終了後にアフターパーティをご用意)

場所:ロイトン札幌 (北海道札幌市中央区北1条西11丁目1番地1)

参加人数:1,000名(事前予約・招待制)

参加費:Community Pass(税込80,000円 /名)他

  ※10/31(火)まではCommunity Passは早割価格 40,000円(税込)

対象者:道内外の経営者・経営幹部の方・大手企業の事業開発責任者・VC・金融関係のエグゼクティブ / スタートアップ支援関係者 / 自治体関係者 / 地域振興関係者 / 食品・飲食関係者 /一次産業生産者・従事者 / スポーツビジネス関係者 / メディア関係者 / 学生 

参加希望者は、専用フォーム からお申し込みください。

■ネットワーキングParty

日時:2023年12月6日(水)18:30~20:30予定

場所:ロイトン札幌 (北海道札幌市中央区北1条西11丁目1番地1)

参加条件:Community Pass購入者及び登壇者限定

参加費用:なし

参加人数:600名

■AGRIST株式会社

 AGRISTは『100年先も続く持続可能な農業の実現』をビジョンに、野菜収穫ロボットやソフトウエアの開発事業を通じて農業課題の解決を目指しています。子会社に農業法人AGRIST FARMをもちます。2022年には第10回「ロボット大賞・農林水産大臣賞」のほか、2023CESで「CES 2023 Innovation Awards」を受賞。2023年にICCサミット FUKUOKA 2023 「カタパルト・グランプリ」をそれぞれ受賞いたしました。

採用


採用を強化しております。詳しくは採用ページをご覧ください。

関連記事

  • 「未来を創る!フードテックビジネスプランコンテスト」でAI農業プラットフォーム”AGRIST AI”を搭載したSustagram Farm(サスタグラムファーム)がビジネス部門優秀賞受賞 2024年02月27日 | プレスリリース
  • 九州最大百貨店のデパ地下でAGRIST FARMでICT管理栽培のフルーツパプリカを販売中 2024年02月19日 | コラム
  • 福岡で12年間続けたイチゴ農家から鹿児島移住へ、新規就農の決め手となったICT化の可能性とは 2024年01月31日 | インタビュー
  • 農林水産省「中小企業イノベーション創出推進事業」の農作業の自動化・効率化のための革新的スマート農業技術・サービスの開発・実証に採択されました 2024年01月15日 | プレスリリース
  • スマート農業で就農1年目からピーマン収量を約1.5倍へ 2023年12月27日 | プレスリリース
  • 約1000キロ先の農場と鹿児島市幼稚園をつないでキュウリの遠隔収穫体験実施 2023年12月20日 | イベント