AI農業のAGRIST株式会社

SCROLL

「ともに学び、ともに産業を創る。」エクストリーム・カンファレンス、ICCサミット FUKUOKA 2023 「カタパルト・グランプリ」にアグリスト代表取締役CTOの秦が登壇します

2023年02月09日 プレスリリース

「ともに学び、ともに産業を創る。」エクストリーム・カンファレンス、ICCサミット FUKUOKA 2023 「カタパルト・グランプリ」にアグリスト代表取締役CTOの秦が登壇します

参加者との交流を通して100年先も続く持続可能な農業を実現

ピーマン自動収穫ロボット「L」を開発し、未来の農業をデザインするAGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町 共同代表取締役:秦裕貴 齋藤潤一、以下 アグリスト)は、2023年2月15日(水)にヒルトン福岡シーホークにて開催されるICCサミット FUKUOKA 2023 「カタパルト・グランプリ」にて、代表取締役CTOの秦が登壇します。

ピーマン自動収穫ロボット「L」について

アグリストが開発するピーマン自動収穫ロボット「L」は、ハウス内の路面の影響を受けないようにワイヤー上をロープウェイのように吊り下げ式で移動し、収穫ハンドは2つのベルトを巻き込み式で動かすことによってピーマンを収穫しています。

2つのカメラを組み合わせ、得られた情報をAIを活用して分析し、収穫可能なピーマンの識別、収穫を行います。また、ピーマン収穫時特有の実を木から切り離した後に茎をさらに短く切る作業(2度切り)を2本のベルトを用いた収穫方法で実現しました。

内容 登壇とディスカッションについて

朝から晩までイベントスケジュールが組まれています。秦は2月15日(水)午前中に実施される「カタパルト・グランプリ」と、夜に実施されるテーマ別ディスカッションの場である「一次産業・フードビジネスを語りつくす部屋」への参加を予定しています。当イベントでの登壇や交流により、参加者・来場者の皆さんと100年先も続く持続可能な農業の実現を目指します。

AGRIST株式会社とは

アグリストは、2017年に地元農家らで開催していた勉強会から「収穫時の人手不足を解決するロボットが必要だ」という声をもとに、2019年に設立したテクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業です。「100年先も続く持続可能な農業を実現する」をビジョンに掲げ、ピーマン自動収穫ロボットの開発だけでなく自社農場で営農をするなど、テクノロジーを活用した次世代農業を実現し、世界の食料問題の解決、全人類のウェルビーイングに貢献していきます。

イベント概要

名称Industry Co-Creation (ICC)  サミット FUKUOKA 2023https://industry-co-creation.com/events/icc-fukuoka-2023
主催ICCパートナーズ株式会社
開催期間2023年2月13日(月)- 2023年2月16日(木)
登壇日程2023年2月15日(2日目)カタパルト・グランプリ 9:00〜11:15 Session 6(135分)テーマ別ディスカッション 19:30〜23:00
会場ヒルトン福岡シーホーク(メイン会場)など
参加予定人数1,200名予定

AGRIST株式会社

詳しい自動収穫ロボットの詳細:https://agrist.com
Facebook :https://www.facebook.com/teamAGRIST/
Twitter :https://twitter.com/agrist_inc
YouTube :https://www.youtube.com/channel/UCNsTwf0BvBXA-L17potl5MA

採用


採用を強化しております。詳しくは採用ページをご覧ください。

関連記事

  • JA全農ぐんまとスマート農業を推進。AIを活用したキュウリ収穫ロボットを導入 2024年07月05日 | プレスリリース
  • AI農業のAGRISTが次世代スマート農業パッケージを公民連携で推進することを目的にしたシリーズBラウンド資金調達を実施 2024年07月01日 | プレスリリース
  • 新たに2台、埼玉県の農業生産法人へキュウリ自動収穫ロボットを導入 2024年04月16日 | プレスリリース
  • 「未来を創る!フードテックビジネスプランコンテスト」でAI農業プラットフォーム”AGRIST AI”を搭載したSustagram Farm(サスタグラムファーム)がビジネス部門優秀賞受賞 2024年02月27日 | プレスリリース
  • 九州最大百貨店のデパ地下でAGRIST FARMでICT管理栽培のフルーツパプリカを販売中 2024年02月19日 | コラム
  • 福岡で12年間続けたイチゴ農家から鹿児島移住へ、新規就農の決め手となったICT化の可能性とは 2024年01月31日 | インタビュー