スマート農業DXのAGRIST株式会社

SCROLL

日経BP「メタ産業革命」に掲載されました

2022年10月26日 2022年

農業領域でのメタ産業革命

日経BP「メタ産業革命」に、弊社が開発しているピーマンの自動収穫ロボット『L』が農業領域でのメタ産業革命として掲載されました。

メタ産業革命とは、さまざまなビジネス分野におけるデジタルツインとメタバースの活用や、それらの融合・補完によって生まれる新たな変革を指す。ゲームやSNS・アートの世界が中心だったメタバースがビジネス・都市領域でも活用が進み、製造業や都市領域がメインだったデジタルツインとの融合・補完が進んできているのだ。

※一部引用「メタ産業革命」2022年10月26日掲載

ミッション:農業課題をテクノロジーで解決する

農業課題の一つとして人手不足があげられている現在、アグリストではデータやテクノロジーを活用した農業を実践することで、自動化・効率化を図ります。また、農業をもっと儲かる産業にしていくことが必要だと考えています。

メタバース×遠隔操作

今後、収穫ロボットの操作をメタバース上で実施する遠隔操作を視野に入れて開発しています。農業従事者不足の解決策として、農福連携モデルをつくり、福祉の方の就業機会の創出に繋げていきます。

100年先も続く持続可能な農業の実現のために

今後は、アグリストが農業者となりテクノロジーを活用した農業を実践していきます。ロボットの開発だけでなく、ロボットに合った栽培環境の開発をすることで、アグリストが新しい農業の未来をデザインしていきます。

お問合せフォーム:https://agrist.com/contact/contact01

掲載媒体について

タイトル:メタ産業革命 – メタバース×デジタルツインでビジネスが変わる

発行:株式会社 日経BP

著者:小宮昌人

掲載ページ:276~280ページ目

掲載日時:2022年10月26日

関連記事

  • ピーマン自動収穫ロボット「L」世界最大級の家電・IT展示イベント「CES2023」でイノベーションアワードを受賞 2023年01月05日 | プレスリリース
  • 「みたすくらす」にてメッセナゴヤ2022で開催されたアグリクロスの様子を掲載いただきました 2022年12月28日 | メディア掲載
  • 日本農民新聞「日刊アグリ・リサーチ」にCTO秦の農林水産大臣賞受賞後インタビューが掲載されました 2022年12月28日 | メディア掲載
  • 国内特許取得のハンド設計の過程【後編】 2022年12月22日 | インタビュー
  • 国内特許取得のハンド設計の過程【前編】 2022年12月21日 | インタビュー
  • デザインのお手本は「骨」!? 2022年12月21日 | インタビュー