スマート農業DXのAGRIST株式会社

SCROLL

アグリストが宮崎銀行とビジネスマッチング契約を締結

2022年06月21日 2022年

地場の企業との連携をさらに強め、テクノロジーで農業革命を起こします

農業ロボットベンチャーのAGRIST株式会社(宮崎県児湯郡新富町 共同代表取締役:秦裕貴 齋藤潤一、以下 アグリスト)は、2022年6月に宮崎銀行(本店:宮崎県宮崎市)とビジネスマッチング契約を締結しました。宮崎銀行のお取り引き企業とアグリストが連携し、宮崎県の主要産業の一つである農業を持続可能な産業にしていきます。

なお、アグリストはピーマン自動収穫ロボット「L」と自社技術や製品を組み合わせることで「更に儲かる農業」の実現を目指す企業とのマッチングを目指しています。
ご関心のある方は弊社ホームページよりお問合せください。
(お問合せ先:https://agrist.com/contact/contact04

ビジネスマッチング連携の背景

日本の農業には沢山の問題があります。離農や高齢化による担い手不足、食料自給率の低下、耕作放棄地の拡大、海外の安価な農産物の輸入による影響など多岐にわたります。これらの問題から「農業は衰退産業だ」と思っている人は多いですし、未だに「3K」(きつい、危険、稼げない)のイメージも強く残っています。

宮崎銀行が地域経済の中心として培ってきた企業との信頼関係やパートナーシップを通じて、アグリストが保有するロボット、AI、画像解析等のテクノロジーと地場の企業が保有する技術を掛け合わせることが可能になります。これにより、更に農業のDX化を加速させ、宮崎銀行がフィロソフィに掲げる地域の持続可能な成長を共創していきます。

宮崎銀行について

本店所在地〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東四丁目3番5号
設立1932年7月27日
従業員数1,356人
預金残高2兆9,980億円
拠点国内支店:71/出張所:25

関連記事

  • ピーマン自動収穫ロボット「L」世界最大級の家電・IT展示イベント「CES2023」でイノベーションアワードを受賞 2023年01月05日 | プレスリリース
  • 「みたすくらす」にてメッセナゴヤ2022で開催されたアグリクロスの様子を掲載いただきました 2022年12月28日 | メディア掲載
  • 日本農民新聞「日刊アグリ・リサーチ」にCTO秦の農林水産大臣賞受賞後インタビューが掲載されました 2022年12月28日 | メディア掲載
  • 国内特許取得のハンド設計の過程【後編】 2022年12月22日 | インタビュー
  • 国内特許取得のハンド設計の過程【前編】 2022年12月21日 | インタビュー
  • デザインのお手本は「骨」!? 2022年12月21日 | インタビュー