AI農業ロボット開発のAGRIST株式会社

SCROLL
HISTORY

HISTORY

2017年から宮崎県新富町の農家らと開催している「儲かる農業研究会」で自動収穫ロボットが欲しいという要望を受け、2019年にアグリスト株式会社は設立されました。
農業の収穫の労働力不足の課題を解決する自動収穫ロボットを地元の農家と一緒に開発をしています。
そして私たちは、100年先も続く持続可能な農業を実現します。

2017
農家らが主体的に実施する勉強会「儲かる農業研究会」で農家らから自動収穫ロボットの必要性を声を聞く。(同勉強会は、以降も継続的に毎月定期開催中)

2019
代表取締役の齋藤潤一が北九州高専で講演をしたことをきっかけに取締役兼技術責任者の秦に出会い収穫ロボット開発についての議論開始。自動収穫ロボットの実証実験をピーマン農家の福山氏の農場で開始。

10 齋藤・秦・高辻に加えて高橋(AGRIST設立時の取締役)が参画し、福山氏をアドバイザーとして、AGRIST株式会社を創業。

11 「スマート農業サミット」で、室内模擬環境におけるピーマンの自動収穫(5個連続)を達成。

2020
1 AIを活用した農産物の自動収穫ロボットを開発し、ビニールハウスでの運用試験を開始。「ハウス等で使用し、野菜等を自動で収穫できる吊り下げ式のロボット」としてPCT国際特許を出願。

4 国が主催するスマート農業実証実験のコンソーシアムメンバーとして参画。農研機構に農業用の自動収穫ロボット6台を販売。

4〜11 国内ビジネスプランコンテストで8つの賞を受賞(受賞歴はこちら)

2021
1 資金調達ラウンドシリーズAを完了。採用強化、全国へ販路を拡大。