スマート農業DXのAGRIST株式会社

SCROLL
ABOUT

会社概要

AGRISTは未来の農業を創る、農業者集団です。

AGRIST株式会社は、テクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業です。農家の平均年齢67才。高齢化が進み農産物の収穫の担い手不足の課題を、自動収穫ロボットで解決します。

2017年から、宮崎県新富町の農家らと勉強会を開催し、現場の農家らからロボットの必要性を聞いてきました。

2019年には、試作機を開発し、地域金融機関やベンチャーキャピタル等から資金調達を実施しました。

2020年には、国のスマート農業実証実験で6台のロボットを農研機構に販売しました。そして、国内のビジネスプランコンテストで10以上の賞を受賞。

2021年からは、宮崎県から全国に販路を拡大し、地方から世界の農業課題を解決するグローバルベンチャーへの成長に向けて邁進してまいります。

AGRIST株式会社

会社名 AGRIST(アグリスト)株式会社
役員 代表取締役社長兼CTO 秦裕貴
共同代表取締役  齋藤潤一
取締役CFO 山口孝司
執行役員CVO 高辻克海
社外取締役 太田直樹
事業 ロボット 自動収穫ロボット、見守りロボットの開発
農場 自動収穫ロボットに最適化された農場
AI ロボットから収集したデータをAIで解析しビッグデータ化
監査役 海野慧(Carpe Diem 株式会社 代表取締役)
三浦洋司(三浦洋司税理士事務所)
顧問弁護士 AZX Professionals Group/AZX総合法律事務所 小鷹 龍哉
アドバイザー 海津裕(農学博士/東京大学大学院農学生命科学研究科准教授)
特許 「ハウス等で使用し、野菜等を自動で収穫できる吊り下げ式のロボット」として同ロボットのPCT国際特許出願
所在地 本社 〒889-1412 宮崎県児湯郡新富町富田東1丁目47番地1
AIロボット農場 〒889-1403 宮崎県児湯郡新富町上富田
出資株主(50音順) インキュベイトファンド 株式会社
ENEOS 株式会社
ジャフコグループ 株式会社
株式会社 ドーガン・ベータ
宮銀ベンチャーキャピタル株式会社
株式会社 宮崎太陽キャピタル
多言語 英語ページ:About Agrist – English
中国語ページ:About Agrist -Chinese

AGRIST FARM株式会社

会社名 AGRIST FARM(アグリスト ファーム)株式会社
形態 農業生産法人
株主 AGRIST株式会社 100%
役員 代表取締役社長 兼 CEO 山口孝司
事業 農業(ピーマン、きゅうりなど)
自動収穫ロボットを活用した農業

役員情報

代表取締役社長兼CTO
秦 裕貴

北九州工業高等専門学校 卒業後、同学の教員と卒業生から成る合同会社Next Technologyに入社。粉末を焼結する特殊用途3Dプリンタの開発や、家庭用見守りロボットの開発に携わる。2018年から同社代表に就任。「やってみたいを形にします!」をスローガンに、互いに得意なことを持ち寄り革新的な製品やサービスを「共創」することを心掛けている。共通するミッションの実現に向けて、AGRISTの最高技術責任者に就任。

共同 代表取締役
齋藤 潤一

米国シリコンバレーのITベンチャー企業で音楽配信サービスの責任者として従事。帰国後、東京表参道でデザイン会社を設立。大手企業や官公庁のデザインプロジェクトで多数実績をあげる。2011年の東日本大震災を機に「ビジネスで地域課題を解決する」を使命にNPO活動を開始。2017年4月新富町役場が設立した地域商社「こゆ財団」の代表理事に就任。2019年に地域の農業課題を解決するべく農業収穫ロボットを開発するAGRIST株式会社を設立。

取締役CFO
AGRIST FARM株式会社 代表取締役社長
山口 孝司

1974年生まれ。
1996年に大学を卒業し地方の商社に入社後、約10年にわたり法人営業を担当。
新商品の開発や輸入商材の取り扱いなど幅広い経験を積む。
2005年に当時国内最大級のEMS(電子機器受託サービス)企業に転職し、人事部門や国内外の工場設立などゼロイチ立ち上げを担当。2014年からは、IPO準備にともなう業務規程の整備や内部監査の運用構築を担当。
2015年にEMS企業を退職し、その後も2社でバックオフィス部門の立ち上げ・強化やIPO支援業務に従事。
2021年8月よりAGRIST株式会社に経営管理部責任者として参画。
2022年1月より執行役員CFOに就任し資金調達及びIPOに向けた体制構築に従事。
現在は、バックオフィス、セールス部門を管掌し事業の成長を牽引する。

執行役員CVO 高辻克海

中学生卒業後、エンジニアを志し北九州工業高等専門学校の電子制御工学科に入学。
入学後は学内のロボコンチーム「あばうたぁ~ず」に所属し、2014年から2018年までの5年間ロボコンに没頭する。
卒業後は、北九州工業高等専門学校の専攻科に進学し、中国のドローン王手DJIが主催するロボットコンテスト「RoboMaster」に出場。
高専在学中に現代表取締役の秦と出会い、合同会社Next Technologyでロボットや装置開発にも携わる。
2019年に新富町に移住し、アドバイザーの福山氏と共にロボット開発をスタートさせた。