スマート農業DXのAGRIST株式会社

SCROLL

朝日新聞にAGRISTが開発した「吊り下げ式」自動収穫ロボットが紹介されました。

2021年10月08日 2021年

朝日新聞にAGRISTが開発した「吊り下げ式」自動収穫ロボットが紹介されました。

「収穫ロボットが必要」という農家の声を受け開発されたピーマン自動収穫ロボット「L」の独自の吊り下げ式機構が株式会社朝日新聞(以下、朝日新聞)に取り上げられました。

宮崎県新富町のベンチャー企業AGRIST(アグリスト)が、ピーマンを自動で収穫するロボットを地元農家と共同で開発した。
自動収穫ロボットはビニールハウス内に設置したワイヤから、ロープウェーのようにつり下げて使う。棒状の「収穫ハンド」を伸ばして柄を切り取り、実に傷がつかないようにやさしく扱って収穫する。※一部引用「朝日新聞デジタル」2021年10月8日掲載

農家の声を反映させた、農家のための収穫ロボット

ピーマン自動収穫ロボット「L」

農家の高齢化や就農者の減少にともなう、収穫の担い手不足という課題をテクノロジーで解決するため、AGRISTは収穫ロボットを開発しています。農家と共同で開発することで、必要な機能をシンプルにし、機能を高めることで「安価でシンプルなロボット」を実現させました。

ロープウェイのようにワイヤーを伝ってビニールハウス内を移動

吊り下げ式機構

「地面は落ち葉やぬかるみがあって、ロボットは走れない」という声を受け、開発されたのが「吊り下げ式」でビニールハウス内を移動し、収穫するピーマン自動収穫ロボット「L」です。
障害物などでロボットが動かなくなるといった問題を解消します。
さらに、地面にレールを引く必要がなく、初期工事の簡素化ができます。
(ロボット詳細:https://agrist.com/products/robot )

媒体について

媒体名:株式会社 朝日新聞社
掲載日時:2021年10月8日
タイトル:「ロープウェイ式」でコストを抑えたピーマン自動収穫ロボット 宮崎
リンク:https://www.asahi.com/articles/ASPB77FHLPB2TNAB005.html

関連記事

  • 農家だけでなく企業も注目 ピーマン自動収穫ロボットの視察来場者数100名突破 2021年12月28日 | プレスリリース
  • 宮崎県発の農業ロボット第2弾としてきゅうり自動収穫ロボットを公開 2021年12月28日 | プレスリリース
  • 日本各地でのピーマン自動収穫ロボット普及に向け、大分県で実証実験を実施しました 2021年12月28日 | プレスリリース
  • 持続可能な農業として高く評価され地域貢献スタートアップイノベーションアワードで投資家賞を獲得 2021年12月28日 | プレスリリース
  • 次世代の農業ロボットを開発するAGRIST株式会社が「農大祭」に出展しました 2021年12月24日 | プレスリリース
  • 未来をつくるSDGsマガジン『ソトコト』2022年1月号「かっこいい農業」にCEO齋藤が掲載されました 2021年12月23日 | イベント